アガルートの口コミ・評判ってどうなの?【宅建士】【行政書士】

この記事ではアガルートの口コミ・評判について合格者の声を踏まえて掲載しています。その前にアガルートの基本情報について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【 アガルートアカデミー 】

 アガルートとは

テレビやYouTubeCM等でよくアガルートのCMを目にします。

アガルートアカデミー(CM

このアガルートアカデミーとはオンラインでの法律や不動産、公務員、労務等などの講義を中心とした難関国家資格試験に特化した予備校となっています。

アガルートアカデミーでは初学者から学習経験者までが資格試験合格に向けた学習に関する充実したサービスを展開しています。

アガルートの口コミ

SNSでは様々な口コミが多数。

このような口コミが広がっています。

アガルートアカデミーに関してもっと詳しく知りたい方は下記で詳細を載せております。

【 アガルートアカデミー 】

アガルートの合格率と合格者の声

ここでは宅建と行政書士に合格した方の以前受けていた受講カリキュラムと合格体験記・学習上の工夫について掲載しています。

宅建の合格者と合格者の声

令和元年度 宅建試験におけるアガルートアカデミー受講生の合格率は55.6

宅建試験全国平均合格率が17.0の中、3.27の合格率となりました。

合格率は,アガルートアカデミー基幹講座(入門総合講義・演習総合講義・これらを含むカリキュラム)受講生の合否アンケート集計結果(合格者数を受験者数で除して算出)

以下に合格した方々のアンケートを記載します。

【令和元年度合格者】

Iさんの場合

受講カリキュラム

2019合格目標 宅建試験 演習総合カリキュラム

合格体験記・学習上の工夫:

転職がきっかけで宅地建物取引士資格を取得しようと考えました。

コンサルティング会社に転職し、会社業務の中で不動産売買を自分自身で行うことがあるため、宅地建物取引士の資格を取得しようと決意しました。

ところが昨年、仕事と試験対策の両立が難しく、あと一歩のところで不合格でした。

今年は絶対に合格するために通信教育や予備校を探していたら、昨年同僚でアガルートアカデミーを受講し、宅建試験に合格した方がいて、アガルートアカデミーの紹介を受け、受講しようと決めました。

基本的にテキストとオンライン講座で学習します。そして問題を解き、自分の理解度を上げていきました。間違えた部分を何故間違えたか理解・把握し、知識を定着させることが重要だと考えます。

また、仕事で学習時間かま十分に確保出来ない場合、電車等の移動時間を有効活用してオンライン講座を見直して知識の定着を図りました。オンライン講座では講義の速度調整が出来るため、学習量も増やせて、利便性が高かったです。予備校と異なる点は「いつでも、どこでも、好きなだけ」講座を受講できる点が予備校とオンラインの違いであり、メリットだと感じます。

試験直前には模擬試験、直前答練、過去問を繰り返し解いて本番に向けて万全の状態で試験に臨むことが出来ました。

特に模擬試験、直前答練に関しては本番で出る可能性が高い問題集であったため、自分の実力が合格水準に達しているのか把握するためには最適だったと思います。

試験終了後、手ごたえも十分で回答時間も約1時間程度と余裕を持って試験を終えることが出来ました。

合格できたのもよく練られたテキスト・問題集があったことが大きなポイントでした。本当にありがとうございました。

Hさんの場合

受講されていたカリキュラム

2019合格目標 宅建試験 入門総合カリキュラム

合格体験記・学習上の工夫

2018年度の行政書士試験に合格してこの勢いで宅建試験も合格しようと思い受験することを決めました。

3月頃から勉強を開始し、初めに宅建業から勉強するか、以前勉強していた民法を含む権利関係から勉強するか迷いましたが、スムーズに勉強していくために権利関係から勉強し始めました。この判断が最終的には良かったと思っています。

理由として権利関係の講義は、行政書士試験で民法を勉強していたためスムーズに進めることができて過去問を解く際も、円滑に解た為、権利関係については、大丈夫という自信を持たせることができたからです。

スムーズに解けた分、宅建業法や法令上の制限などの初めて学習する科目に多くの時間を取ることができました。

勉強のやり方は、とても単純だったと感じます。

例えば、宅建業法の「免許」という項目が終われば、ひたすら過去問を解きます。出来なかった点は講義を視聴する。

再度過去問を解くという繰り返しでした。ただ、過去問を解く際は答えを見つけて終わりと言う問題の解き方はしませんでした。4択の一つ一つを考え「どこが間違っているのか」の答えが出せるように解いていました。

最終的には、4択の中でも同じ問題ばかり間違っており、自分の理解していないところを発見することができ、また直前期には、間違った問題を重点的に解くという事で、効率化を図ることが出来たと感じます。

Yさんの場合

受講されていたカリキュラム

2019合格目標 宅建試験 入門総合カリキュラム

合格体験記・学習上の工夫

いくつかの理由が重なった結果、20195月に宅建の受験を決めました。そこから約4か月半、ほぼアガルートの教材のみを学習することで、同年10月の本試験に一発合格することができました。

仕事で不動産に関わるわけではない私が宅建の受験に至った理由として、次の2つを挙げることができます。一つ目は、不動産業界で働く知人や友人の存在が大きかったことです。彼ら彼女らと会話していく中で宅建士という資格に興味を持つようになりました。二つ目に、宅建業法やその他の知識を身につけることで、今後有用だろうと考えるようになったことです。私自身、社会人になって以来ずっと今まで賃貸物件に住んできて、今後も不動産との関わりは続いていくはずなので、最低限の法的リテラシーを持つことは、自分自身を守ることにもつながると思えるようになりました。

4か月半の勉強してきた中で、個人的に気をつけたことは2点あります。一つ目は、必ず毎日勉強すること。これは、毎朝机に向かうことを習慣化させることによって、本試験当日まで続けることができました。二つ目に、アガルートの教材だけを集中して学習すること。実際には、林先生の勧めで他の予備校の直前模試を会場にて受験し、その復習も行いました。しかし、それ以外はアガルートの教材のみをマスターすることに専念しました。結果的にはそれで必要十分でした。

直前期には大型の台風が何度も上陸し、そのような不可抗力のために勉強に集中できない受験生もおられたであろうと思います。そんな中、特にトラブルもなく受験勉強に集中することができ、一発合格できたことは幸運でした。

行政書士の合格者と合格者の声

令和元年 度行政書士試験においてアガルートアカデミー基幹講座(入門総合講義・演習総合講義・これらを含むカリキュラム)受講生の合格率は 72.7

行政書士試験全国平均合格率11.5%の6.32となっています。

合格率は,アガルートアカデミー基幹講座(入門総合講義・演習総合講義・これらを含むカリキュラム)受講生の合否アンケート集計結果(合格者数を受験者数で除して算出)

以下に合格した方々のアンケートを記載します。

【令和元年度合格者】

Oさんの場合

受講されていたカリキュラム

2019 行政書士試験 演習総合カリキュラム

合格体験記・学習上の工夫

法律初学者からスタートしたけど2回目の受験で合格を勝ち取ることが出来ました。

しかし想像以上に合格率10%前後というのは厳しい壁でした。

受験を終えて思うことは、行政書士試験は確かに「勉強すれば合格できる試験」かもしれない。でも、しっかりと法に向き合い勉強した者が合格できる試験であり、表面的な暗記だと合格点に達するのは難しく作られている試験だと感じます。 巷には「初心者でも独学で合格!」という書籍やネット情報も沢山あり、私も初めは独学で合格を目指そうとした一人です。しかし、本試験の5か月前にこのままだと間に合わないことに気づき、そこからアガルートにお世話になりました。

その後必死に知識を詰め込みましたが、惜しくも数点足らずに不合格。 数点足りなかっただけでこのまま勉強していけば、2年目には多肢選択だけで180点超えを狙えるだろうと高を括っていました。しかし行政書士試験はそんな甘いものではありませんでした。

問題は、絶対落としてはいけないAランク、合格ラインに届くためにとらなくてはいけないBランク、合格に影響のないCランクに分けることができ、確実にAとBで満点を取る必要がありますが、Bランクには応用レベルの問題が多少含まれます。それを確実に取るためには相当な理解と暗記が必要だったのです。

結果としては2回目の受験で合格出来ました。これから受験する皆さんに伝えたいことは、①行政書士試験は甘いものではないです!②独学はやめたほうがいいです!③本気の勉強が必要です!ということを伝えたいです。

Gさんの場合

受講されていたカリキュラム

2019 行政書士試験 演習総合カリキュラム

合格体験記・学習上の工夫

201911月の行政書士試験に9回目の受験で合格しました。

学生時代はもともと法律科でもなく、本格的な法律の勉強は初めてでした。

もっとも、以前の会社で、保険法などの法律を3年程勉強した時に法律に興味は持ちました。

短期で合格を目指される皆さんには参考になりづらいかと思いますが、私のやってきたことを書きます。

反面教師として、参考にしていただければと思います。行政書士試験の最初の受験の頃は、フォーサイトさんのカリキュラムで、過去問を何度も何度もやりました。

過去問を解く中、記憶に定着したものがあったと思いますが、過去問を解いて、解説を読んでいました。

しかし、あまり理解はできていなかったと思います。

その後は、伊藤塾さんの講座を通学で受けて担当いただいた講師は、造詣も深く、頭の使い方や勉強の仕方も教えていただきました。

また、特徴的だったのが、テキストとは別の基本書での講義があったことが新鮮でした。

ただ、自分の中では消化しきれませんでした。

パターン化された表を覚えようとして、また行政関連の法律や憲法の条文を音読もしました。

しかし、この頃には、自分が思っていたよりも、試験への準備があまりできていない状態でした。

ここで思ったことは基本をじっくりと取り組まないといけないと思いました。

そして、アガルートの入門講義で民法と行政法に力を入れて取り組みました。豊村講師が言っていた、繰り返しの復習をしていましたが倍速は頭に入ってこないため、通常の速度で講義を繰り返しました。

その結果、試験日までに講義は各々2~3回しかできませんでした。

豊村講師の講義では、法律制度の意義や趣旨を詳細に説明してくださったので、そうした点では実力がついたと感じます。

また、講義とは別に、ここ1~2年は、空いた時間を使って最高裁判の傍聴をしました。裁判所の傍聴をしたことで、憲法の判例を読むのが苦痛ではなくなりました。

試験1か月前からは、細かい知識などを記憶する期間だということはよく言われました。

そのおかげで、行政手続法など本番の記述である程度対応することができました。

試験当日、解答用紙が配られ、問題用紙が配られて、開始までの何分かも緊張が高まるため、目を閉じて開始の合図を待ちました。

私のやり方ですが、そうすることにより、試験開始から問題に集中できました。今回は、受験生を揺さぶる問題があったと思いますが、本番では、自分を信じるよう心がけていました。

試しに無料体験をしてみたい

アガルートアカデミーでは講義を無料体験することができます。資料請求をしたかた全員に有料講座の講義動画とそれに対応するテキスト1冊をプレゼント。

宅建士試験の資料請求をされた場合

テキスト(冊子)
・入門総合講義(宅建業法 第13章まで)
・演習総合講義(権利関係 第14章まで)

講義動画
・入門(約1.5時間)
・演習(約2時間)

をプレゼント及び視聴することができます。

行政書士試験の資料請求をされた場合

テキスト(冊子)
・総合講義(民法総則&個人情報保護
・図表まとめ講座(民法総則より抜粋
講義動画
・入門総合講義 (約5.5時間)
・演習総合講義 (約6時間)
・図表まとめ講座 (約2.5時間)

をプレゼント及び視聴することができます。

お申し込みはこちらから

【 アガルート宅建講座 】

最後までご覧頂きありがとうございました。

アガルートアカデミーに関してもっと詳しく知りたい方は下記で詳細を載せております

↓ 

【 アガルートアカデミー 】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする