キャリアアップで宅建を取りたいなら全日本情報学習振興協会

キャリアアップを狙うため宅建試験に合格したい。という方は多いのではないでしょうか?でも宅建を勉強するためにどうしたらいいかわからない。という方も多いはずです。

今回ご提案するのはスマートに宅建試験を乗る切るために全日本情報学習振興協会をご紹介します。

全日本情報学習振興協会とは?

この協会は文部科学大臣の許可法人、文部省生涯学習政策局の所管の団体として平成1110月にスタートしました。

つまり、国が管轄している正式な協会ということです。

この協会から出版している書籍も多数あります。

書籍(Amazon) 

書籍には情報関係の書籍のものが多く、全日本情報学習振興協会は現代における情報化に注力している協会ということがわかります。

SMART合格対策講座とは?

そんな情報関係に特化している全日本情報学習振興協会はスマホやPC、タブレットに対応した資格対策講座を開設しています。

それが

SMART合格対策講座

です。

この講座は

「合格をめざして、スマートフォン・タブレット・
パソコンで、いつでも、どこでも、好きなだけ、
SMART(賢明な)に学習できる講座で、
どこよりも安価で学習することができます。」

をモットーにしています。

ちなみにこの講座では全50講座の開講を予定していて、順次開講していきます。

宅地建物取引士SMART合格講座について

宅建のSMART合格講座では

SMARTビデオ動画
SMART答練
SMART模擬試験

3つの構成になっています。

SMARTビデオ動画】では

25時間かけて基礎から実践まで、宅建業法を中心にして権利関係、法令上の制限、その他の法令などをビデオで解説していく講座となっています。

SMART答練】では

基礎から合格レベルまで約4時間かけて過去問70問の解答解説を行っていきます。

SMART模擬試験】では

直近5年分の過去問の中から重要問題を選択し、模擬試験を2回を行います。

担当講師

SMARTビデオ動画担当の横田 政直

【取得資格】
宅地建物取引士、行政書士、競売不動産取扱主任者、賃貸不動産経営管理士

【 講師経歴 】
・中央大学法学部法律学科卒
・大原学園宅建課
・東京リーガルマインド宅建課
・ユーキャン宅建
・TAC宅建課
・杉並区議会議員
SMART答練担当の川島 美晴

【取得資格】
宅地建物取引士、一級建築士、福祉住環境コーディネーター、カラーコーディネーター、
インテリアコーディネーター

【 講師プロフィール 】
・日本工業大学、東京観光専門学校などの講師がある。
・厚生労働省管轄の教員免許を持ち、職業訓練指導員などで活躍。
・コンピュータ関連の知識も豊富でコンピュータリテラシーの講義も得意とする。

の御二方が担当講師をしてくださいます。

(解答速報会の様子をyoutubeで閲覧することができます。 → 宅建試験解答速報

そして気になる受講料ですが、

19,800となっています。

現在GOTO資格キャンペーンおよび早期申込割引で 19,800円のところ ⇒ 14,800円(税抜)となっています!(上記価格は2月28日迄とします。)

以下に各通信講座の宅建講座の受講料の表を指します。

上記の表からもSMART合格講座の受講料は低価格と言えるでしょう。

SMART合格講座の無料視聴と機能

このSMART合格講座では無料で1分間、各テーマごとの内容を視聴可能となっています。

この無料視聴を行うには

・名前
・メールアドレス
・ログインパスワード

を入力・申し込みで視聴可能となります。(住所等は不要です)

また、SMART合格講座には様々な機能があります。

パソコンで映画を視聴するように巻き戻しや早送り機能はもちろん、目次から気になる単元を再度視聴することもできます。また、学習記録機能や学習した項目までのチェック機能でどこまで単元が修了したかが一目でわかります。

その他に、わからなかった点を復習チェックにマークし、あとで目次から復習することも可能。

講座のメリット・デメリット

この講座のメリットとして

・スマホ等のデバイスで場所を問わず学習できる

・低価格で学習することができる

一方、デメリットは

・検定合格者累計 140万人とあるが協会内での宅建試験合格率の記載がない

という点でしょうか。しかし、

SMART合格講座×ご自身やる気

これだけあれば合格を目指すことは可能です!!

以上がSMART合格講座でした。

低価格のため、お金を節約しつつキャリアアップを目指すことが大いに可能です

宅地建物取引士SMART合格講座の申し込みは下記から行うことができます



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする