【2022年】再受験の方必見!おすすめの行政書士講座をご紹介!【アガルート】

ここでは行政書士試験の再受験を対象として行政書士講座のおすすめをご紹介します。

再受験において

行政書士試験は合格率が1015%と低く、勉強時間からみても1000時間は必要とされています。

これらの数字から見ても行政書士試験の難易度は決して低くはないと言えるでしょう。

しかし、試験対策をしっかり行えば突破することは可能です。

この記事では

・合格まであと一歩の人

・ある程度、またはそれ以上の知識の定着ができてる人

・あとは何が足りないのか知りたい人

・ここからどのように勉強したら良いかという人

にオススメしている行政書士講座(再受験者向け)をご紹介致します。

行政書士講座(再受験者向け)を受けることがオススメ

2022年、再受験者の方を対象にアガルートアカデミー予備校から2つのカリキュラムが登場しました。

この2つのカリキュラムは

・行政書士試験を受けた経験がある方

・行政書士試験をあと一歩のところで逃してしまった方

2タイプに分かれています。

下記に2つのカリキュラムを解説していますので、ご自身のタイプに合うものを御覧くだい。

学習経験がある方はこちら

行政書士試験を受けたことのある方は

中上級総合講義/中上級総合カリキュラム(フル・ライト)

をおすすめします。

このカリキュラムは行政書士試験の学習経験がある方が一気に合格レベルまで学力を引き上げるためのカリキュラムとなっています。

カリキュラムにはフルライトがあり、ご希望に合わせて選ぶことができます。

中上級総合講義/中上級総合カリキュラム(フル)は行政書士試験に必要なインプット・アウトプット全ての講座を詰め込んだカリキュラムとなっています。

具体的な内容は

・択一式予想問題1000肢の演習

・記述式予想問題80問の演習

・民法・行政法における条文レベルで深くインプットする対策

・一般知識における文章理解対策

・模擬試験

5つとなっています。

中上級総合講義/中上級総合カリキュラム(ライト)は上記のフルカリキュラムから「民法・行政法における条文レベルで深くインプットする対策」、「一般知識における文章理解対策」を除いてコンパクトにしたカリキュラムとなっています。

行政書士試験講座をお申し込みの方は

こちらから

↓↓↓

あと一歩!と言う方はこちら

「合格まであと一歩!」という方には

上級総合カリキュラム(フル・ライト)

がおすすめです。

このカリキュラムは合格まであと一歩の方向けとなっており、自信と安心感をもって試験に臨むためのカリキュラムです。

行政書士試験の知識がすでに定着しており、合格まであと少しの方は是非このカリキュラムを受けてみてください!

カリキュラムにはフルライトがあり、ご希望に合わせて選ぶことができます。

上級総合カリキュラム(フル)は行政書士試験に必要なインプット・アウトプット全ての講座を詰め込んだカリキュラムとなっています。

具体的な内容は

・コアな知識を図表でわかりやすく理解する対策

・過去問のインプットアウトプット対策

・憲法・行政法の判例の完全マスター対策

・記述式予想問題80問の演習

・民法・行政法における条文レベルで深くインプットする対策

・一般知識における文章理解対策

・模擬試験

7つとなっています。

上級総合カリキュラム(ライト)は上記のフルカリキュラムから「民法・行政法における条文レベルで深くインプットする対策」、「一般知識における文章理解対策」を除いてコンパクトにしたカリキュラムとなっています。

行政書士試験講座をお申し込みの方は

こちらから

↓↓↓

担当講師・合格特典・割引制度について

担当講師・合格特典・割引制度につきましては下記記事に記載していますので合わせてご覧ください。

https://takkenn01.com/2876/


以上、【2022年】再受験の方必見!おすすめの行政書士講座をご紹介!でした。

行政書士試験初心者の方は下記記事もご覧ください

行政書士試験は簡単ではない 行政書士試験を受けようしている方の中には独学で受ける自信があまりないと言う方もいると思います。 行政...

アガルートアカデミー予備校について詳しく知りたい方は下記記事も合わせてご覧ください!

https://takkenn01.com/2179/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする