資格勉強の敵!?眠気やお酒etc.

資格試験に向けて勉強する日々を送っている人にとって欲や誘惑などは「敵」となります。今回は資格勉強の敵にはどんなものがあるのか紹介するとともにそれらの対処法もご紹介していきます。

お酒

お酒好きの方にはとても酷だとは思いますが、大敵と言っても良いでしょう。

お酒は判断能力を鈍らせ、集中力を奪います。

なので、お酒を飲んだ後の勉強することはNGといえます。

「一本だけなら大丈夫だろう」と思って一本飲んでしまうと止まらなくなって二本目に手を出してしまう恐れがあります。

対処法としては資格勉強期間中は全く飲まないことが一番理想的です。

しかし、どうしても飲みたい方は、「休み前日の夜の仕事終わりに飲む」とか「休日、勉強し終わった後に飲む」等、飲む日とタイミングを決めることをオススメします。

眠気

昼食を取った後や仕事をした後の肉体的・精神的な疲労などが残ったまま勉強をしようとすると眠くなり、勉強どころではなくなってしまいます。この状態は望ましいとは言えません。

対処法として15分〜30分程度の睡眠を取ってから勉強をした方が良いでしょう。




安住の場所であるだからこそ勉強に向いていない場合があります。

勉強を妨げる原因をいくつかご紹介します。

下記に示します。

1.ベッド
2.テレビ
3.テレビゲーム
4.家族

上記を詳しく見ていきましょう

1.ベッド

これは大敵といって良いでしょう。三大欲求という言葉をご存じでしょうか?

食欲、性欲、睡眠欲の3つです。特にこの中で最も強い欲求が「睡眠欲」なのです。

睡眠欲に勝つことが出来ません。カフェなどであれば一旦、少し寝てから勉強に挑むことができますが、家だとそうはいきません。

目の前にベッドがあることによってすぐに眠りに就くことができ、さらにそのまま何時間も寝ることが出来てしまうからです。

この場合の対処法として、家ではなく図書館などの外出先で勉強した方が良いでしょう。

2.テレビ

見たいドラマやバラエティ番組があると、そちらに気を取られてしまいます。また、見たい番組がなくとも無意識にテレビの方に目が行ってしまいがちです。

これでは資格勉強に集中することができません。

この対象法として、他の部屋で勉強するか、観たい番組がある場合は録画機能を活用するなどしましょう。

また、最近だと番組の見逃し配信を行っているアプリもありますのでそちらも活用するのも良いでしょう。

3.テレビゲーム

ゲーム好きの方なら勉強との戦いとなるでしょう。これも上記で「お酒」でも書いたように、ゲームを行う日や時間・タイミングを事前に決めておきましょう。

4.家族

意外にも家族が勉強の妨げとなる場合もあるでしょう、集中している時に話しかけられたりすると集中が途切れてしまいます。

その他に生活音が気になって勉強できない等もあります。

静かな場所で勉強したい場合は図書館などを利用すると良いでしょう。




スマホ

以前にも紹介しました通り、スマホには勉強に役立つ機能がありました。

しかし、時には勉強の妨げになることも、、

では、スマホのどの様な部分で勉強の妨げになるのか、下記その要因を示します。

1.友達からの連絡
2.ネットサーフィン
3.スマホゲーム
4.YouTubeやSNS

上記を詳しく見ていきます。

1.友達からの連絡

勉強をしていると友達のメールなどの連絡が来たりします。このような場合どんな連絡が来たか気なってしまいます。

この対処法としてはスマホの電源を切るか、機内モードにして通信だけを切っておくのが良いでしょう。

2.ネットサーフィン

スマホがあるとついつい行ってしまうネットサーフィン。

このような場合はスマホを見えないところに置いておくか電源を切る。またはあらかじめネットサーフィンする時間を決めておくのが良いでしょう。

3.スマホゲーム

スマホゲームもネットサーフィン同様に時間があるとついついやってしまいます。これも時間を決めてゲームすることをオススメします。

4.YouTubeやSNS

お気に入りのYouTuberや面白い動画などを観て時間忘れてしまうのではないでしょうか?

またTwitterやFacebookなども気になって見てしまいますよね。

しかし、意外にもこれらは有効活用出来る場面があります。

例えば、YouTubeに関してはYouTuberと一緒に勉強する動画などを挙げている事があります。

これを利用してお気に入りのYouTuberと一緒に勉強すのも良いでしょう。(わたしもこれを活用していました)

また、SNSに関しては同じ受験する資格について投稿をしている人が多くいます。それらを見てモチベーションを高めるのも一つの手かもしれません。




温度

意外にも勉強妨げる要因として「温度」が挙げられます。

勉強する場所によって暖房が効いている場所があります。

そのような所では温度が通常よりも高く設定されているため、眠気を誘発する原因となります。

そのため勉強に集中できない場合があります。このような場所は避けることをオススメします。


いかかでしたでしょうか?資格勉強する際は、これらの事に気をつけて勉強を行うようにしてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする