【宅建】学生必見!人気資格!宅建士を取るべきメリットとは?

今回は宅建を学生が取るメリットなどについてで解説していきます。

学生が宅建士を取るメリットとは?

特に大学生の方は大学の学部、学科に入学し、必須科目から選択科目、教養科目などを学びます。

大学生は高校生や社会人に比べて学問への知識を深く吸収する時期です。この時期は大変貴重です。

この時期に様々な知識を取り入れることによって、今後の人生が大きく変わってきます。

大学生は大学に行き、学問を学ぶのが基本とされていますが、さらに大学外で知識を学び、吸収し、今後社会人生活を送っていく上で役に立つのが「宅建士」です。

宅建士では民法を学ぶことが出来ます。

宅建士で出てくる民法はそれほど深い内容とはなっていませんが、例えば、社会人にもなれば様々な場面で「契約」と言う言葉が出てくるでしょう。

一体契約とは何なのか?口約束でダメなのか?これらの点に関して「宅建士」で学ぶ事が出来ます。このことから民法を学ぶことはメリットと言えるでしょう!




法学部以外の学生が宅建士を取るメリットとは?

上記でも書いたとおり、宅建士には「民法」が出てきます。法学部に在籍している学生ならすでに取られている方も多いかと思います。

しかし、法学部以外の方に宅建士の取得をおススメします。

わたしを例に取るならば、僕は理系で学科としては機械や電気、情報といった様々な分野を学ぶ学科に在籍していました。一昔前だと「機械学科」や「電気学科」と1つの分野を専門とする学科が殆どでしたが近年は僕の学科のように様々な分野を学ばせる学科が増えてきました。

つまり、1つ分野に特化した学問を学ぶのではなく複数の分野を総合的に学び、多面的に物事に関してとらえる力が世の中では必要になってきたといえます。

大学での学問以外に宅建士を学ぶことによってあなたの価値は飛躍的に上がるでしょう。なぜなら社会に出てから「学問以外にも自らの力で積極的に他分野を学んだ」という証明になり、周りからの評価が上がるからです。

現に僕も理系卒でしたが、宅建士の資格を取得したことによって評価が上がったと感じます。

つまり、「学問」と「宅建士」の知識を習得することは今後社会に出て行く上で大きなメリットでしかありません!

一つの分野を深めることも良いとは思いますが、他の分野にも挑戦してみてはいかがでしょうか。




時間があることが重要!

社会人と学生で一番大きな違いは「時間」です。時間が違うことくらいわかっている、と言う方も多々いらっしゃいますが、ここでは「時間」を「全然時間が無い」ととらえるか「まだまだ時間がある」どうとらえるかが重要です。

社会人になると残業等で帰宅する時間が日付が変わる時間になっているなんてこともあるくらいです。

一方で、学生は研究する方などは別として夕方過ぎには講義も終わっているのではないでしょうか。この後の時間が重要です。

学生なら飲み会等プライベートで忙しい事もありますが、ここを少し我慢して知識を増やすという意味で宅建士の勉強に充ててみてはいかがでしょうか?

また、もう一つ社会人と大きく違う点は夏休みの期間です。10月の試験前の8月、9月は大学生の方は夏休みです。この夏休みというビッグチャンス期間中に勉強時間を増やして10月の試験に挑みましょう!




年齢を武器にしよう!

10代、20代は知識を吸収する効率が一番高い時期と言われています。

これはとても大きなチャンスと言えるでしょう。社会人になると知識を吸収することは可能ですが、学生時代のようにはいかない可能性があります。

また、社会人は仕事をこなすことに時間を割かれます。以上のことから学生時代に試験勉強をして資格を取っておいた方が後々楽でしょう。




まとめ

・知識を深く吸収出来る学生のうち宅建士を取ろう

・大学の専門分野の知識と宅建士の知識をつけよう

・時間がある学生の時こそ宅建士試験を受けよう

・社会人になる前に宅建士をとろう!


今回は宅建を学生がとるメリットなどについて説明してきました。

また、オススメの宅建士オンライン学習サービスについても解説していますのでこちらもご覧下さい。

アガルートアカデミーとは テレビやYouTubeのCM等でよくアガルートのCMを目にします。 このアガルートアカデミーとはオンライン...

オンライン学習に頼らずに独学で受けてみたいと言う方は以下の記事でテキストをご紹介しています。

宅建を独学で勉強するにあたりテキストは重要となってきます。今回は宅建独学テキスト2021年度版と題してご紹介していきます。 わかりやすさ重...




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする